西日暮里・日暮里(東京都荒川区) | 日神不動産株式会社 西日暮里・日暮里(東京都荒川区) | 日神不動産株式会社
ホームマンションコラム街のコラム西日暮里・日暮里(東京都荒川区)

西日暮里・日暮里(東京都荒川区)

再開発や新規ビルの建設が続くJR山手線沿線ですが、都会の中の下町として温かみのある環境が人気な「西日暮里・日暮里」。そんな都内でも下町感が感じられる西日暮里・日暮里エリアの魅力をご紹介します!

いきなりですが、JR山手線の「西日暮里」駅と「日暮里」駅の駅距離がかなり近いことをご存知ですか。
実は西日暮里駅と日暮里駅の駅間はわずか500m程なんです。時間でいえば、徒歩で7分程度の距離です。なぜこんな近い距離間で駅が作られたのでしょうか。

日暮里・西日暮里駅

その理由は諸説ありますが、今から40年前の地下鉄の「混雑解消」と「交通利便の向上」のためだそうです。当時、地下鉄は通っていたものの、限られた交通機関に人が集中してしまい、不便さが顕著だったことから、これらの問題を解消するために誕生したのが「西日暮里」駅です。そのような経緯があって、このような駅間の短い状態が誕生することになりました!

 

谷中銀座商店街

谷中ぎんざ

 

日暮里といえば、なんといっても下町情緒あふれる「谷中銀座商店街」が有名です。個人商店を中心とした約60店舗のお店が全長170mの商店街を賑わい、昔懐かしさも感じられます。
メンチカツのおいしいお肉屋さんやお土産にぴったりな工芸品、古民家カフェなど、魅力的なお店が揃っているので、つい寄り道したくなっちゃいますね!

 

肉のサトー

今回私は、“肉のサトー”の大人気商品「谷中メンチ」をいただきました。サクサクの衣の中には、ジューシーなお肉がぎっしり詰まっています!一見普通の大きさですが、しっかりと食べ応えがあるので、小腹が空いたときのおやつや夕飯のおかずにもなりそうです。
メンチカツ以外にも種類豊富で気になる揚げ物がたくさんありました。どれも1つ100~300円ほどで買えるので、皆様も気軽に足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

 

もう一品ご紹介したいのは、焼ドーナツ専門店“やなか しっぽや”です。

 

やなかのしっぽや・焼きどーなつ まりりん(つぶ栗あん))

一般的なドーナツと異なるのは「形」です。店名にもなっているしっぽを形としたドーナツで、味によって色や模様も違うので、何種類か買って食べ比べしたり、写真を撮って楽しむのもいいですね!

 

また、谷中銀座商店街では、夏には「谷中ひゃっこい祭り」、一定期間ごとに「びっくり市」など商店街ならではのイベントも行われるので、年中楽しむことができます。

 

パティシエ ショコラティエ イナムラショウゾウ

日暮里駅から徒歩2分程のところには、赤いテント屋根が可愛らしい「パティシエ ショコラティエ イナムラショウゾウ」というチョコレートやケーキ、焼き菓子を製造・販売するフランス菓子店があります。

パティシエ ショコラティエ イナムラショウゾウ

私も何度か来店しましたが、いつも数組のお客さんが列を作っていて、誕生日やクリスマスなど記念日のケーキを予約されている方も多いようです。品揃えが多く、特にケーキは選ぶのに頭を抱えるくらいどれもおいしそうで、毎回悩みに悩んで泣く泣く1~2個に絞っています。(笑)
見た目も美しくおいしそうなケーキですが、味に関してもペロッと食べてられる程丁度よい甘さとボリューム感なので、自分へのご褒美や手土産にも最適です!

 

夕やけだんだん

夕やけだんだん
駅から谷中銀座商店街に向かう途中にあるのは夕日を拝める絶景スポット“夕やけだんだん”。名前のとおり、階段になっていて、そこから見る夕日はとても美しいと有名です。

また、こちらの階段はドラマや映画のロケ地としてもよく使われているようで、大人気ドラマ「ごくせん」や「孤独のグルメ」にも登場しています。ロケ地になるほどの美しい景色が日常的に見られるのは贅沢ですね。

 

桜の名所・谷中霊園

谷中霊園の桜(Image photo)
また、桜の名所“谷中霊園”も有名スポットの一つです。
谷中霊園といえば、江戸幕府最後の将軍 徳川慶喜や新貨幣の一万円札の顔 渋沢栄一など著名人が眠るといわれる霊園ですが、その霊園に至るまでの通りは桜並木が立ち並ぶ桜の名所です。暖かい季節になったら、ぜひ足を運んでみてください。

 


エリア物件:パレステージ西日暮里Ⅱ


 

※2022年1月のものです。