File no.004 不動産投資とは? |マンション知識のコラム

不動産投資とは? | 首都圏の新築マンション・分譲マンションなら日神不動産の【パレステージ】シリーズ、【デュオステージ】シリーズ

会員登録はこちら

TOPマンションコラムマンション知識コラムTOP > NO4.不動産投資とは?
イメージ:不動産投資とは?
イメージ:不動産投資とは?

不動産投資とは?

コンパクトマンションの需要が高まっている中、実際に住む以外にも「不動産投資」として活用する人が増えてきています。
また、相続税対策や年金など将来の生活に不安を抱える人たちの資産運用として、「不動産投資」が注目を集めています。
今回は不動産投資について、特徴と注意点を踏まえてご紹介します。


  • 不動産投資とは?

    不動産投資とは、不動産事業に資金を投下して、利益を得ることを目的とした投資です。

    不動産投資において、見込まれる利益は「インカムゲイン」と「キャピタルゲイン」の2種類があります。
    不動産投資でのインカムゲインは、不動産を貸し出して、定期的に賃料という収入を得ることです。
    キャピタルゲインは、不動産を購入した金額以上で売却して、売却利益を得ることになります。

    バブル期には、売買による利益を目的とした不動産投資が主流でしたが、現在では、働きながら不動産投資を行う「サラリーマン大家」が増えているため、家賃収入を目的とした投資を行うのが主流です。

  • 賃貸イメージ



  • 不動産投資の特徴

    不動産投資は、金融商品として「ミドルリスク・ミドルリターン」であると言われています。

    例えば、預貯金は、元本割れするリスクは少ないですが、現状の低金利では多くの利益を得るのは難しい状況です。
    また、価格の変動や売買の流動性が激しい株式投資は、利益を得る可能性はありますが、その分損失を被る危険性も高まります。

    不動産投資の場合は、換金するのに時間がかかるなどのリスクはありますが、入居者を確保できれば、安定した収入を見込むことができます。
    また、投資した不動産を担保に金融機関からの借入が可能なので、自己資金が少ない場合でも、不動産を購入できる可能性が高まります。

  • 上質な生活のイメージ



  • 不動産投資をする際の注意点

    基本的に投資に対する利益は不確実なものになります。
    期待以上の利益を得ることもあれば、反対に損失を被る危険性もあります。

    不動産投資の場合は、不動産価値の下落や家賃収0入が得られないなどのリスクが伴うので注意が必要です。
    他の金融商品と異なり、投資をする際に不動産の価格以外にも様々な諸経費がかかり、購入後の保有期間にも費用が掛かりますので、利回りの計算は慎重に行いましょう。

    不動産投資は、他の投資商品に比べて、自分自身が大きく関与できます。
    物件の選定や取得、賃貸運営、物件の売却などの判断は、最終的には自分ですることになります。
    経営」に近いイメージなので、自分の努力次第で得られる利益が変わってくるのも魅力の一つです。

  • 持ち家イメージ

※情報は2017年11月時のものです。