コンパクトマンションの魅力

コンパクトマンションの魅力

 最近、コンパクトマンションの需要が増加しています。
職住近接を求めて、部屋の広さよりも交通利便性の高い物件を好む若い人が増えています。また、子育てを終えた夫婦が、老後を考えて便利な場所に住み替えているということもよく聞くようになりました。
そこで今回は、コンパクトマンションの魅力をご紹介します。


    コンパクトマンションとは?

  • コンパクトマンションイメージ

     賃貸コンパクトマンションには明確な定義はありませんが、ワンルームからファミリータイプの中間のような間取りで、専有面積が30㎡~50㎡台の物件を指す場合が多いです。

    シングルやディンクスなどの暮らしが想定されており、駅や商業施設が徒歩圏にあるなど利便性が高いことが特徴です。

  • ライフスタイルに合わせた住まい選び

  • 生活イメージ

     コンパクトマンションの魅力は、ライフスタイルの変化に合わせて使いやすいことです。

    一人暮らしの場合、賃貸マンションと変わらない、もしくはそれよりも低予算で、より快適な空間と設備、セキュリティを手に入れることができます。しかも賃貸と違い、自分の資産となります。

    夫婦2人で暮らした場合でも、十分な広さや収納があるため、問題ありません。将来的に子供が生まれ、少し手狭になってきたと感じたら、売却して住み替え資金にすることもできます。
    また、賃貸物件として家賃収入を得ることも可能です。

  • 暮らしやすさと資産価値

  • 環境の良さイメージ

     コンパクトマンションは、駅から近く、都心へ快適にアクセスできるなど、利便性の高い場所に多くあります。
    その中でも駅周辺にスーパーや飲食店が集まっている物件を探すと良いでしょう。

    最近では、共働きの世帯数が専業主婦の世帯数を上回っており、多忙な夫婦が多いため、利便性の高い場所にあるコンパクトマンションは人気があります。

    さらに、そのような立地だと、物件の資産価値は高くなります。

    資産価値が高ければ、売却時には、売却価格が高くなる可能性があり、急に現金が必要になった場合など、万が一の時も安心です。
    また、賃貸に出した時にも借り手がつきやすく、より高い家賃で貸し出すことが可能です。

 コンパクトマンションを購入することで、暮らしやすさと将来的に役立つ資産の両方を手に入れることができます。


※情報は2017年9月時のものです。