分譲マンションを購入するメリット

分譲マンションを購入するメリット

 マンションを購入するかどうかは、ライフプランを考える上で大変重要な選択です。
家賃を払い続けるのはもったいないと考えながらも、マンションの価格を目の当たりにして、購入に踏み切れない方もいらっしゃるかと思います。 今回は、賃貸との比較を踏まえつつ、「分譲マンションを購入するメリット」をご紹介します。


    購入すれば個人の資産として残すことができます

  • 購入イメージ

     賃貸の場合、いくら家賃を払い続けても資産にはなりません。
    たとえば、35年もの間、月々12万円家賃を払い続けると総額は5,040万円にのぼります。
    分譲マンションは、月々の返済が家賃と同等の金額であっても掛け捨てではないため、個人資産として残すことができます。

    また、購入すれば、賃貸のような原状回復の必要がないため、自分好みにお部屋をリフォームできるなどのメリットもあります。

  • 生活の質を向上させる設備が充実

  • 生活イメージ

     お部屋の設備仕様が良いと、生活の質が向上します。

    賃貸の場合は、オーナーの収入を上げることが前提のため、設備仕様のクオリティが低いことがあります。それに比べ、新築分譲マンションは、システムキッチンやオートバス、床暖房など先進設備がそろっています。

    また、セキュリティシステムが充実していたり、24時間荷物が取り出せる宅配ボックスが設置されていたりなど、快適に過ごせるような工夫がされています。

  • 待つよりも今購入すればメリットが豊富

  • 環境の良さイメージ

     現在は低金利時代です。

    金利が低いと言うことは、月々の支払額や総返済額も抑えられ、少しでも早く購入すれば、若いうちに完済ができます。購入を先延ばしにしていると、貯蓄しながら家賃を払わなければならず、生活費を圧迫してしまいます。

    また、今ならご両親に支援をもらう場合、贈与税が一定額まで非課税となります。その他にも、住宅ローン控除で税金が戻ってくる場合があるなど、マンションの購入に関してお得な制度が充実しています。

 今回は「分譲マンションを購入するメリット」をご紹介しました。
持家があれば将来の計画が立てやすかったり、老後の心配を減らせたりすることもできます。

マンションの購入を考える際に、ぜひ参考にしてみてください。


※情報は2017年7月時のものです。