江の島エリア 日常と非日常が共存する、あこがれの街 - マンションコラム 江の島エリア 日常と非日常が共存する、あこがれの街 - マンションコラム
ホームマンションコラム街のコラム江の島エリア 日常と非日常が共存する、あこがれの街

江の島エリア 日常と非日常が共存する、あこがれの街

小田急江ノ島線の通る「片瀬江ノ島」駅、江ノ島電鉄線の通る「江ノ島」駅、湘南モノレールの通る「湘南江の島」駅。 ここには表情の違う3つの“えのしま駅”が並びます。 多彩な交通網を駆使できることで、東京・新宿・横浜など主要駅へのアクセスも思い通り。また駅前を中心に、美味しい飲食店や日用品店、医療機関、公共施設などが集まっており、生活利便性はなかなかのものです。 観光地として名高く、特に夏季にはたくさんの人が訪れる江の島エリアですが、居を構えるにも不足なしといえるでしょう。 暮らしやすい“日常”の中に、観光地であるという“非日常”が顔をのぞかせる、特別なエリアです。
  • 大人の好奇心をくすぐる江の島レジャー

    江の島エリアではずせない名所といえば、日本三大弁天のひとつでもある「江島神社」!
    三姉妹の弁財天を祀る境内が江の島全体に点在しているので、くまなく参拝すれば江の島をぐるりと巡ることができます。観光やちょっとしたお散歩にもぴったりですよ。
    また、海岸沿いに位置する「新江ノ島水族館」は、ファミリーを中心に幅広い世代に大人気。その秘密は…毎月開催のビーチクリーンやフリーマーケット、さらには“お泊りナイトツアー”や“水族館ウエディング”といった趣向を凝らしたイベント!
    今や水族館は、生き物の生態を学ぶだけの場所にあらず。大人だって何回でも通いたくなるスポットです。

 

  • ここは「東洋のマイアミビーチ」!海のそばに暮らす憧れ

    海を臨むこの街では、ボード片手に水着姿で歩くサーファーも見慣れた光景。
    日本屈指の海水浴場が揃う藤沢市には、「東洋のマイアミビーチ」なるニックネームが。ちゃんと姉妹都市契約だって結んでいます。
    そこはまるでアメリカの人気リゾート都市のよう…かは分かりませんが、海岸ではマリンスポーツはもちろん、波と戯れたりペットと散歩したり砂浜でヨガをしたりと、悠然な時間が流れています。
    「将来は海辺のマイホームで過ごしたい」というライフプランもよく耳にしますが、人間は潜在的に、癒しを求めて海への憧れを抱くもの。外国に勝るとも劣らない江の島の海も、マイホーム候補に入れてみてはいかがでしょうか?

 

江の島エリアおすすめグルメ

魚見亭 (うおみてい)
神奈川県藤沢市江の島2-5-7

江の島の頂上から歩いて約6分。
テレビや雑誌で引っ張りだこのこちらのお店は、新鮮な魚介の美味しさもさることながら、そこからの眺望により人々を惹きつけています。
海を臨んで食事をいただけるカウンター席は目の前に壁や窓が無く、これぞまさに“オーシャンビュー”!
豊富なメニューの中から「生しらす&釜揚げしらす丼」と、「江の島丼(あわびを卵でとじたご当地メニュー)」を注文しました。カニのお味噌汁は別料金ですが、これも絶品なので頼まなきゃ損!
きっと思い出に残るひとときを過ごせますよ。

 

 

※情報は2017年7月時のものです。