メニュー閉じる案内図電話
  • 物件概要
  • 資料請求する
  • 来場予約する
  • 再開発

    変わりゆくさまざまな街を体感できる、山手線の暮らし。

    過去最大級の再開発と言われる「渋谷」駅周辺や、カルチャー都市宣言に基づき新しい顔を見せ始めた「池袋」など、JR山手線の駅周辺には、多くの再開発計画が進行しています。東京の新しいさらなる魅力を、体感できる暮らしが待っています。

    路線図
    • 「西日暮里」駅前が変わる。

      (仮称)西日暮里駅前地区第一種市街地再開発事業

      事業地は西日暮里5丁目交差点の北側にあり、「道灌山中学校跡地」(約4,270㎡)を含む約2.3haの規模となります。約180mの高さとなる住宅・業務棟と商業・ホール棟の2棟構成で、住宅や商業施設のほか、業務・地域貢献施設などを内包する複合ビルとなります。2022年度着工想定、2026年度完成想定の計画で、完成すればJR「西日暮里」駅と日暮里・舎人ライナー「西日暮里」駅がペデストリアンデッキでつながるほか、事業地の南側に交通広場が設置される想定です。

      【用  途】 住宅、公益サービス、業務サービス、文化交流機能、商業機能
      【規  模】 ●延床面積/約164,500㎡ ●高さ/住宅・業務棟:約180m 商業・ホール棟:約75m ●階数/地上47階、地下2階
      【着工・竣工】 ●着工/2022年度想定 ●竣工/2026年度想定

    • 再開発予定計画図

    ※東京都環境局ホームページより ※掲載のエリアは荒川区資料による「施工計画区域図」を基に書き起こしたものです。また、今後変更となる場合があります。(2020年7月現在)

    「池袋」
    駅を中心とした、国内屈指の国際アート・カルチャー都市へと変貌するまちづくり。

    • Hareza池袋

      Hareza池袋

      豊島区庁舎・豊島公会堂跡地に、オフィス棟・ホール・映画館・としま区民センターなどの複合施設が、官民一体型の再開発で誕生しました。施設の前庭空間としてイベントにも対応する中池袋公園もリニューアル。◯完成済

    • 池袋西口公園

      池袋西口公園

      シンボリックな「グローバルリング」が象徴的な劇場公園。野外劇場はクラシックコンサートやダンスイベント、演劇など様々な分野に対応可能です。「グローバルリングカフェ」も併設。◯完成済

    その他 ◯<造幣局跡地>東京国際大学新キャンパス計画 ◯南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業

    「新宿」
    鉄道・バス・タクシーを集約した交通ターミナルの整備や、新しい文化の拠点を目指したまちづくり。

    • 新宿南口交通ターミナル(バスタ新宿)

      国内最大規模の高速バスターミナル。2階にJR改札口、3階にタクシー乗り場・コミュニティバス乗降場・東京観光情報センター、4階に新宿高速バスターミナルが設置され、隣接するJR新宿ミライナタワーの商業施設(NEWoMan)と接続しています。 ◯完成済

      NEWoMan

      NEWoMan

      「女性が輝き続けることができる経験と価値を提供する」をコンセプトに開発された商業施設。JR新宿ミライナタワーの1階から4階と7階部分、バスタ新宿の5階から7階部分に、ファッション、カフェ&レストラン、ビューティー、フード、カルチャーのほか、保育施設や屋上菜園といった施設を導入しています。 ○完成済

    • 新宿 TOKYU MILANO 再開発計画

      商業・文化などの集積による多様な魅力を備え、回遊性のある観光・交流拠点づくりを目標に形成され、まちのにぎわいや魅力の創出を目指します。
      〈予定施設〉宿泊施設(ホテル+レストラン)、映画館、劇場、ライブホール、店舗など
      ◯2022年度完了予定

      新宿 TOKYU MILANO 再開発計画

    「渋谷」
    大規模な複合施設が次々とオープン。駅回りを中心にさらなる開発が続き、ますます発展が見込まれる街。

    • 渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

      渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業

      JR「渋谷」駅南側に立地し、そのエリアのまちづくりの核として、歩行者ネットワークの構築やクリエイティブコンテンツ産業の育成など、国際都市にふさわしい環境づくりを行う事業です。〈予定施設〉商業、業務、住宅など◯2023年度完成予定

    • 渋谷ストリーム

      渋谷ストリーム

      東急東横線の旧「渋谷」駅ホーム南部の線路跡地において開業した地上35階・地下4階建て高層ビルの複合施設。ホテル・事務所・ホール・飲食店舗などの施設が整っています。
      ◯完成済

    • 渋谷フクラス

      渋谷フクラス

      「東急プラザ渋谷」の跡地に新生「東急プラザ渋谷」を中心とした地上18階(約103m)の複合施設。東急プラザのほか、カフェやバスターミナルを整備した「渋谷」駅西口の新たな玄関施設として誕生。
      ◯完成済

    • 渋谷PARCO

      渋谷PARCO

      PARCO開業50周年に併せて新しい「渋谷PARCO」がオープン。ファッション・アート&カルチャー・エンターテイメント・フード・テクノロジーの5つのコンセプトでフロア編成を実施。外観の壁の構成テーマは「原石の集積」であり、異なった形状・素材(思想・才能)がひとつの塊になることで、新たな発想が現れることを表現しています。
      ◯完成済

    「東京」
    グローバルビジネスの拠点として、進化し、変貌していく日本の中心地。

    • 東京

      大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業

      4棟からなる延床面積68万㎡にもおよぶ大規模再開発計画。B棟は高さ約390mを予定しており、完成すれば日本一高いビルとなります。「東京」駅や日本橋などの周辺地域を結ぶ地下交通結節空間の整備と、約7,000㎡の広場が中心となって歩行空間の利便性・回遊性の向上を図ります。
      〈予定施設〉事務所、店舗、変電所、下水処理場など
      ◯2027年度完成予定

      大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業
    • 八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業

      「東京」駅前の交通結節機能の強化および国際競争力を高める都市機能の導入、防災対応力強化と環境負荷低減を目指した、高度利用及び都市機能の更新を目指す事業です。
      〈予定施設〉事務所、店舗、宿泊施設、教育施設、子育て支援施設、バスターミナルなど
      2022年完成予定

      八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業

      八重洲二丁目中地区第一種市街地再開発事業

      敷地の細分化、建物の老朽化の問題をクリアするために土地の集約化および高度利用を行い「東京」駅前の交通結節機能と国際競争力を高める機能の導入(例えば海外からのビジネスマンが生活しやすい環境整備など)を取り入れる事業です。
      〈予定施設〉事務所、店舗、サービスアパートメント、インターナショナルスクール、バスターミナルなど
      ◯2025年度完成予定

      八重洲二丁目中地区第一種市街地再開発事業

      日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業

      業務・商業・業務支援など各機能の一体整備による複合機能集積地を形成します。歩行者による回遊性の向上、歴史的建造物の保全および活用、日本橋川の良好な水辺環境の創出を目標とした事業です。
      〈予定施設〉店舗、事務所、住宅、ホテル、ビジネス支援施設など
      ◯2025年度完成予定

      日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業

    「高輪ゲートウェイ」
    49年ぶりに誕生したJR山手線の新駅。2024年の完全開業へさらなる発展を。

    • 高輪ゲートウェイ駅

      高輪ゲートウェイ駅

      2020年3月に誕生したJR山手線30番目の駅。3階建ての駅舎で、2階が改札のほかにイベントスペース、3階には店舗が設置されています。デザインは隈研吾氏が担当し、特徴的な大屋根は「折り紙」がテーマとなっています。AI案内ロボットの配置、無人コンビニエンスストアなど、新しい取り組みが導入されています。
      ◯完成済

    • 品川開発プロジェクト

      品川開発プロジェクト

      新駅「高輪ゲートウェイ」の東側に、敷地面積約72,000㎡、計画延床面積約85万㎡を誇るプロジェクトが始動中です。全体デザインは駅舎もデザインした隈研吾氏と世界的に著名なデザイナーのピカード・チルトン氏が担当。4つの棟から構成され、「CITY UP!」をスローガンに、日本の新たな玄関口となる国際交流拠点を目指しています。
      〈予定施設〉事務所、店舗、住宅、教育施設、文化創造施設、生活支援施設、ホテルなど
      ◯2025年街びらき開催予定

    その他 ◯泉岳寺駅地区第二種市街地再開発事業