access

アクセス

日神不動産 > マンションを探す > パレステージ京王よみうりランドⅡ > アクセス

2駅2路線利用で
多彩に広がるアクセス。

「京王よみうりランド」駅・「矢野口」駅へ
フラットアプローチ徒歩9分。
京王相模原線利用で「新宿」駅へ、JR南武線利用で
「川崎」駅へダイレクトアクセス。

shinjuku
tachikawa
futakotamagawa
kawasaki
yokohama

全てimage photo

「京王よみうりランド」駅

「京王よみうりランド」駅

■京王相模原線「京王よみうりランド」駅より
  • 「新宿」駅へ24

    (区間急行または快速利用、「調布」駅で京王線特急に乗り換え。通勤時は快速利用、「調布」駅で京王線特急に乗り換えで28分。)

  • 「橋本」駅へ17

    (区間急行利用、「京王多摩センター」駅で特急に乗り換え。通勤時は区間急行利用、「京王多摩センター」駅で急行に乗り換えで19分。)

  • 「渋谷」駅へ22

    (区間急行または快速利用、「調布」駅で京王線特急、「明大前」駅で京王井の頭線急行に乗り換え。通勤時は快速利用、「調布」駅で京王線特急、「明大前」駅で京王井の頭線急行に乗り換えで29分。)

  • 「市ヶ谷」駅へ28

    (快速利用、「調布」駅で京王線特急、「笹塚」駅で都営新宿線(新宿線内急行)直通の急行に乗り換え。通勤時は快速利用、「調布」駅で京王線特急、「笹塚」駅で都営新宿線(新宿線内各停)直通の区間急行に乗り換えで34分。)

「矢野口」駅

「矢野口」駅

■JR南武線「矢野口」駅より
  • 「立川」駅へ16

    (「稲城長沼」駅で快速に乗り換え。通勤時は各停利用で21分。)

  • 「二子玉川」駅へ15

    (「登戸」駅で快速、「武蔵溝ノ口」駅で東急大井町線または東急田園都市線急行(溝ノ口)に乗り換え。通勤時は各停利用、「武蔵溝ノ口」駅で東急大井町線(溝ノ口)に乗り換えで17分。)

  • 「川崎」駅へ29

    (「登戸」駅で快速に乗り換え。通勤時は各停利用で34分。)

  • 「横浜」駅へ32

    (「登戸」駅で快速、「武蔵小杉」駅でJR湘南新宿ラインに乗り換え。通勤時は各停利用で34分。)

※掲載の所要時間は日中平常時のもので、乗り換え・待ち時間は含まれておりません。また、時間帯により異なります。

グローバルビジネス拠点の
創造を目指し、
大規模再開発が続く
「新宿」エリア。

新宿駅西口地区開発事業
新宿駅西口地区開発事業

小田急電鉄、東京メトロと東急不動産は、「新宿」駅西口に商業施設やオフィスが入る地上48階・地下5階・高さ約260m、延べ面積約281,700m²の超高層ビルを計画中。2029年度の竣工を目指しています。高層部にオフィス機能、中低層部に商業機能、9~14階部分には公共的空間「スカイコリドー(空中回廊)」を整備する予定です。

※出典:小田急電鉄、東京地下鉄株式会社、新宿区、都市再生特別地区(新宿駅西口地区)都市計画[素案]の概要

(仮称)西新宿一丁目地区プロジェクト
(仮称)西新宿一丁目地区プロジェクト

「新宿」駅西口で進行中の地上23階・地下4階、高さ約130mの超高層ビル。明治安田生命新宿ビルなどの敷地跡地を再開発する計画です。地下1階~3階はホールや店舗、4階以上はオフィスフロアとなり、敷地に隣接する4号街路、駅前広場、プラザ通りに沿ってセットバックすることでオープンスペースを創出する予定です。

※2025年11月竣工予定
※出典:第69回新宿区景観まちづくり審議会[報告1]資料

東急歌舞伎町タワー

新宿TOKYU MILANO跡地を中心とした再開発「歌舞伎町一丁目地区開発計画」は「東急歌舞伎町タワー」に名称が決定。地上48階・地下5階・塔屋1階建て、高さ約225mの複合エンターテイメント施設として工事が進行中。「“好きを極める場”の創出」をコンセプトに、映画館、劇場、ライブホールなどのエンターテイメント機能とホテルが融合した、都市観光の拠点として整備されます。

※2023年1月11日竣工予定
※出典:東急(株)ニュースリリース

東急歌舞伎町タワー

京王相模原線
「橋本」駅南口に、
リニア中央新幹線の停車駅
「神奈川県(仮称)」駅開業が
決定。

車両に搭載した超電導磁石と地上に取り付けられたコイルとの間の磁力によって、浮上して走行する輸送システム、超電導リニア。停車駅としての開業が決まった京王相模原線「橋本」駅ではリニア駅の設置にともない、乗り換えの利便性を向上するため、駅舎移転の検討や周辺再開発が進行中。「八王子」駅・「町田」駅・「相模大野」駅以上の拠点ターミナルとして大きな都市へと変貌する可能性を秘めた「橋本」駅周辺エリアに、今後のさらなる発展が期待されています。2027年には品川―名古屋間が結ばれる予定です。

リニア中央新幹線

※出典:JR東海 リニア中央新幹線ホームページ

JR南武線利用で、
開発の進むターミナル
「立川」駅・「川崎」駅も
身近に。

GREEN SPRINGS
大型複合施設「GREEN SPRINGS」がOPEN!
再開発でますます進化する「立川」駅前。

かつて立川飛行場であった跡地の土地区画整理事業や駅前再開発により発展を遂げる立川。その駅北側に開発面積約3.9haの大型商業施設「GREEN SPRINGS」が2020年4月にオープン。店舗や飲食店のほかに2,500席規模のホール「TACHIKAWA STAGE GARDEN」や日常使いが出来る都市型リゾートホテル・保育園・オフィスなどで構成され、賑わいを見せています。

川崎デルタ
神奈川県で横浜市につぐ都市「川崎」駅前に、
大型複合施設「川崎デルタ」が誕生。

オフィスや商業施設の集結する「川崎」駅前に、開発面積約12,400m²、オフィス棟・ホテル・商業棟の3棟構成の大型複合施設「KAWASAKI DELTA」が2021年5月にオープン。施設内には、フィットネス&スパ・カフェ・レストランやオフィス・コンファレンス・保育施設・ホテルの他にも、普段使いにも便利な店舗も充実。2階には「川崎」駅と各棟を結ぶ歩行者デッキが設置されています。

※掲載の内容は2022年3月現在のものです。掲載の写真・イラスト・完成予想図は全てイメージです。