デザイン

海の青、空の青に、映える青を添えて。

ホワイトカラーをベースに、深いブルーをポイントカラーにしてマリンをイメージした外観デザイン。
東側の手摺ガラスは乳白とブルーを交互に配置し、リズミカルな印象に。
2階の手摺部分は木彫り調の白いタイルにして、爽やかな印象にしました。

海辺の街の、風景の一部となるエントランス。

マンションのエントランスには、住まう人、訪れる人を心地よく迎え、安心の暮らしを守る、という機能に加えて「街の風景になる」、という大切な役割があります。
特に、人気の観光地として多くの人を集める江の島のレジデンスだからこそ、街にしっくりと馴染み、さりげなく美意識を高める、そんなデザインを採用しました。

※掲載の完成予想図は計画段階の図面を基に描き起こしたもので、実際とは多少異なる場合があります。 なお、本物件敷地内のみを表現しており、周辺の建物等につきましては、表現しておりません。掲載写真はすべてイメージです。変更される場合があります。