新築分譲マンション(東京・神奈川・千葉・埼玉のマンション)は日神不動産 ROKUCHO
住みたい街INDEXに戻る
六町ミュージアム・フローラ

六町

足立区の秘蔵っ子!“新・住みたい街”へと成長中!

近年は沿線の開発も進み、停車駅がベッドタウンとしての人気と注目を集めているつくばエクスプレス。
「六町」は始発駅である「秋葉原」から直通15分、足立区の中心地でもあるビッグターミナル「北千住」へ直通4分。また19分で行ける「東京」をはじめとし、「新宿」や「上野」など都心の主要駅へ30分以内でアクセスできる、交通利便性の高い立地です。 駅周辺はまだ区画整理事業の工事が行われている六町エリア。
新しい街だけに、これといった目玉スポットはまだないかもしれませんが、商業施設・金融機関・医療機関・学校・公園など暮らしに必要な環境は十分に整いつつあり、これから“新・住みたい街”として着々と成長中のエリアです。

六町駅周辺
子育て世代は知っている!?六町の暮らしやすさ!

地下改札から外に出ると、青空がスカーッと広がる「六町」駅周辺。
一見何もなさそうな印象を受けますが、駅前にはバスやタクシーのターミナルや六町公園があり、大型スーパーにドラッグストア、ファーストフード店に金融機関、医療機関も揃っています。
それなのにこの抜けの良さは一体?…としばし考えて気付きました。まっすぐ伸びる道路に付随し、これでもか!と幅広くとった歩道のおかげではないでしょうか。車道と同じくらい広々と幅があるので、大きな建物の圧迫感を感じることもなく、自転車に乗った方もベビーカーを押したママさんもゆとりをもって行き交うことができます。
また、街を歩き気付いたのは保育所・保育園が多かったこと。地図をみても数多く点在しており、都心からのほどよい距離と住民に優しい街づくりが子育て世代の支持を受けているのかもしれません。

足立区生物園
六町で触れる!芸術、自然、かわいい動物…

目玉がないなどと言いつつ、六町でおすすめしたいお出掛けスポットを2つご紹介します。
まずは「六町」駅から徒歩3分、住宅地に突如として現れる「六町ミュージアム・フローラ」。日本画を中心とした美術館だそうで、すり鉢状になった緑化屋根など建物も特徴的な施設です。こんなモダンな建物が住宅街にそっと建っているのもカッコいいですね。
そしてもうひとつが元淵江公園内にある「足立区生物園」
生物園というだけあって、お魚から昆虫、ヘビ、リスやヤギ、ネコもいます。さらには蝶が舞う大きな温室もあるなど、見どころ満載!展示方法も工夫を凝らしており、大人も子供も楽しめる施設です。入園料も大人300円、子供150円とリーズナブル。
「六町」駅からはバス便利用ですが、この街に暮らしたら年間パスポートはマストバイですよ!

六町おすすめグルメ!
東京スープカレーCahaya

東京スープカレーCahaya(チャハヤ)総本店

六町エリアの人気スープカレー専門店です。駅からは少し離れていますが、開店直後から次々とお客様が訪れるほどの人気ぶり。お店の入口には有名人のサインもいくつか飾られていました。
今回は“定番”「牛すじ」に、“一番人気”「豚の角煮」を注文。
ボリュームあるお肉と共に、ナスやヤングコーンといった野菜がごろっと入っており、栄養バランスも見た目の彩りも◎。
しっかりとコクがありつつすっきりした味わいで、最後まで飽きのこない美味しさを堪能しました!辛さのレベルやご飯の量のほか、スープのベースもトマトや薬膳など4種類の中から選べ、いろんな味のバリエーションが楽しめます。
ユニークなのが、“待ち時間の暇つぶしにどうぞ”と各テーブルに置かれている、「プチッ」と鳴らす緩衝材。さりげない気遣いに思わず笑みがこぼれました。
毎月8・18・28日は『チャハヤの日』として、特別メニュー20%オフやトッピング無料などお得なサービスを実施しているそう。
カレーの美味しさもさることながら、楽しい工夫が凝らされていて活気のある素敵なお店です。ぜひご賞味あれ!

東京スープカレーCahaya、食器類
食器すべてに施された“Cahaya”の文字からも、お店の熱い思いがうかがえます。

BAKERY SHOP LUCY
(ベーカリーショップルーシー)

BAKERY SHOP LUCY(ベーカリーショップルーシー)

「六町」駅から道路向かいに見える、スマイルマークが目印のパン屋さん。
六町が地元のご主人と奥様がお迎えしてくれます!
お店の名前はアメリカの人気コミック”PEANUTS”に登場する女の子”ルーシー”からとったそうで、店内にもグッズがたくさん並んでいました。
人気NO.1のパンは、「にこにこ」(税込110円)。可愛らしい見た目でお土産にもぴったりのメロンパンです。その他の総菜パンやデニッシュもほとんどが100円台と、お財布に優しい価格設定。街の名前がついた「六町ブレッド」(税込260円)は、黒米とクルミを混ぜ込んだほんのり赤い食パン。そのままいただくのはもちろん、ハムやサーモン、チーズ等と一緒にサンドイッチにするのもおすすめの逸品です。
お店はなんと朝6:30から営業しているので、会社や学校へ行く前でも立ち寄れるのが嬉しいですね。
販売のピークは午前中らしく、取材に訪れた16:00には多くのパンが完売しており、お話を伺っている最中にも最後のサンドイッチが売れていきました。
お目当てのパンをゲットするならば、なるべく早い時間のご来店をオススメします!
BAKERY SHOP LUCY
(ベーカリーショップルーシー)店内
ご夫婦揃ってファンだという、ルーシーのグッズがずらり。お客様を優しく見守ります。

東京スープカレーCahaya(チャハヤ)総本店
東京都足立区一ツ塚1-22-18
営業時間/11:30〜25:00
(スープがなくなり次第終了)
※店休日・完全予約営業日が月に数日あり。

BAKERY SHOP LUCY(ベーカリーショップルーシー)
東京都足立区六町4-4-14
プラティーク六町101
営業時間/6:30〜20:00(日曜日 は19:00まで)
※不定休
※毎週火曜日は店内商品が10%オフになるサービスデー

※情報は2018年1月時のものです。
エリア物件: パレステージ六町V
住みたい街トップページへ