新築分譲マンション(東京・神奈川・千葉・埼玉のマンション)は日神不動産 NARIMASU
住みたい街INDEXに戻る
成増駅北口

成増

主要駅に好アクセス。知る人ぞ知る“穴場な街”です。

“成る”に“増す”。どことなく縁起の良い名前の成増(なります)が、穴場な街としていま注目されています。
そのゆえんは、ズバリ交通の利便性と物価の安さ。
「成増」と「地下鉄成増」の2駅利用により、池袋や新宿・東京などの都心主要駅へは10分〜30分でアクセス可能。また駅前には商店街が南北に伸び、古き良き日本の下町情緒を色濃く残しています。
実は某有名ハンバーガーショップの第1号店が今もなお商店街にて営業を続けていたり、老舗お菓子メーカーが本社を構えていたりと、話のネタもなかなかに豊富。
古くは紀元前からヒトが生活していたという成増は、不思議な魅力で人々を惹きつけ続けるまさに“穴場な街”だといえましょう。

なりますスキップ村
そこにあるのは、背伸びをしない安心感

成増駅の半径300m内には、西友やダイエーといった大型スーパーやドラッグストアなどが揃っており、日々の買い物に事欠きません。
複数の商店街が駅を囲むように位置しているのも特徴的。お祭りや阿波踊りといった地元密着型のイベントも多く催されて、人々が賑やかに行き交う光景からは、昔ながらの温かな人情味を感じることができます。
駅ナカにオープンした商業施設『EQUiA(エキア)』は、つい手土産に買いたくなるようなお惣菜やデザートなどの専門店が集まっており、“よりみちキッチン”というコンセプトにぴったりのスポット。
この“買い物の選択肢の多さ”こそ、成増の大きな魅力のひとつです。
また、病院や公園・学校などの公共施設も充実しているので、バランスの良い暮らしができるはず。華美ではありませんが、背伸びをせずにいられるこんな場所こそ、「住みたい街」にふさわしいのかもしれません。

光が丘公園
満足度も最大級!『光が丘公園』

地域最大級の都立公園である『光が丘公園』。
“光が丘”というネーミングではありますが、成増方面からも徒歩で行くことができます。東京ドーム約13個分の敷地面積は、なんと国内の某有名テーマパーク以上!
野生の生物が観察できる“バードサンクチュアリ”や温水プール付き体育館、さらにはターザンロープなんて遊具も…。オトナも童心にかえって、体を動かしたくなること必至です。
動いてお腹が空いたらぜひ園内にある売店へ。
公園名物「光が丘メロンパン」は、焼きたて時には行列もできる人気商品とか。GETできたらラッキーですよ!
公園では時期によってさまざまなイベントが開催され、通うたびに違った表情を見せてくれるはず。
満足度たっぷりで、もちろん入園無料!本当にオススメです。

成増でちょっと一息、おすすめスポット
匠えん

駅から歩いて数十秒とは思えないほど、店内は落ち着いた空間です。
鉄板に乗せて提供されるカレーは、ずっとアツアツの美味しさ。写真は一番人気の「匠えんカレー(バターチキン)」と、「野菜たっぷりカレー」のハーフ&ハーフ。このボリュームでなんと960円!程よくスパイスが効いており後を引く辛さです。
無料で白米から玄米にチェンジ可能とサービスも◎。セットでつけられる蔵王天然水のアイスコーヒーも美味でした。 カウンター席もあるので、おひとり様ランチにもぜひ♪

PONTE

オレンジの屋根が目印のジェラート屋さんです。
ベビーカー・ペット連れなど、どなたでも気兼ねなく入れるようにと入口の扉をなくしたそうです。
日替わりで並ぶジェラートはすべて店内手作りで、添加物や卵は不使用というこだわり。ミルクとチョコレート(ダブル360円)に、ブラッドオレンジ(シングル310円)をいただきました。濃厚かつさっぱりしていて、口に含めば思わずこぼれる「美味しい〜!」の一言…至福の時です。
よ〜く見ると、カップもお店オリジナル!さりげないこだわりがここにも光ります。

匠えん (しょうえん)
東京都板橋区成増2-11-5
営業時間:11:00〜22:30(L.O. 22:00)
不定休

PONTE (ポンテ)
東京都板橋区成増3-22-35
営業時間:11:30〜18:00(なくなり次第終了)
営業日:金・土・日

※情報は2017年6月時のものです。
エリア物件: パレステージ成増
住みたい街トップページへ